2017年 11月 16日 ( 1 )

愛しい日々


年月が過ぎて



皆様、こんばんは~。



すっかりご無沙汰しています。




朝晩だんだんと寒くなってきましたね・・。



日中はまだまだ気温が高い日もあるのに、



天気予報では、山間部に雪と言う予報も出ていて、



私の嫌いな雪が今年は多いのかなぁと、



少し不安です。




さて・・。



昨年一番最初に我が家に来た猫、クロちゃんが、


亡くなりました。



そして今年になり、クロちゃんの子供たちが亡くなりました。



㋈にうしお君、今月にトラちゃんと、



立て続けに2匹を失くしてしまいこの子達の、



存在の大きさに戸惑う自分がいました。



クロちゃんを失くしたときには、あきらめる気持ちの方が、



強かったですし、まだうしお君ととらちゃんがいてくれると、



どこか心の中で気持ちの整理がついていたのですが。






今回は、喪失感が強かったですね・・。




大袈裟ですが、なんか一つの時代が終わってしまったかのような・・。



15年の歳月は、大きかったです。




外猫のお母さんから産まれたクロちゃんは、賢くて人懐っこい猫でした。




そしてうしお君は家を守ろうとしてくれていて、




いつも外をパトロールしていました。




そして子犬で来たはなちゃんの事も、大事にしていました。




トラちゃんは臆病で、甘えん坊で、最後まで私達を、



信頼してくれていて・・。



本当に家族だったんだなぁと、



改めてひしひしと、感じています。

e0201009_23503226.jpg
クロちゃんです。


e0201009_23011067.jpg
e0201009_23030399.jpg
e0201009_23042288.jpg
e0201009_23492698.jpg
e0201009_23055353.jpg
e0201009_23060693.jpg

数々の思い出がありますが、



それぞれ性格が違っていて、可笑しいやらたのしいやら・・。



動物の一生ってなんて短いんだろうと・・。




帰宅すると教室の前や車庫で、うしお君は、



良く待っていてくれました。



教室が大好きで、私が仕事をしていると、



入ってきてしまう事もいっぱいありました。




甘えん坊のトラちゃんは、家族以外にはあまり人に、



懐くこともなく、そのくせすばしっこくて、



運動能力にたけていました。




家で産まれた子というのはは、人間を心から信じて、



その家を守ろうと思ってくれているのだなぁと、



思わせてくれた子達でした。




でも大きな悲しみに、心をとらわれないのは、




ラッキーさんと、ミカンちゃんがいるおかげなのでしょうね・・。



そして大きな存在のはなちゃん・・。




動物と暮らす楽しさや、悲哀感、多少の不便さなど、




あっても心を癒してくれる存在ですね。




これからもこの子達との時を、どれだけ共に過ごせるのか、



わかりませんが、あまり深く考えずに楽しく暮らす事が、



思いを残さないことなのでしょうね・・。




では、また~。♥




今日もご訪問頂き、ありがとうございました。











































by kamakura0608 | 2017-11-16 00:38 | | Comments(2)