一緒に暮らすという事

再び、父の話です。
父は、時々便秘がちになります。びろうな話ばかりでごめんなさい・・。

それが続くと、朝起きてから眠るまで一日この話題が続くのです。
一緒に暮らすという事は、綺麗なことも汚い事も苦しいことも楽しいことも
全て、共有してゆくことなんですね・・・。

だから、家族皆で父が便秘だと言えば考えます。

バナナ、リンゴ、寒天、こんにゃく、煎じ薬(げんのしょうこは、お医者様にもいいって言われました)
などなど。。

食べて、排泄する、当たり前のことが歳をとって、足腰が痛くて、病気を抱えた人には
難しい
e0201009_22523373.jpg
こともあるのです。

寒天、これは欠かせないです。たくさん作って朝晩食べます。コーヒーの味付けです。
紙コップで作っておけば、軽いし使い捨てできて便利ですよ。
# by kamakura0608 | 2011-02-04 22:58 | 介護 | Comments(0)

病院へ

今日、主人の父を、連れて病院へ行って来ました。先日尿閉塞になり、治療して頂きました。

その尿を溜める袋を、今日は無事、外していただく事ができました
私も、父もほっとして改めて病院の先生に感謝いたしました003.gif
人間当たり前と思っている事が、当たり前ではないんですよね・・・。

人間の身体の機能、何一つでも狂うと困ってしまいます007.gif
生きていて、元気で、ご飯が美味しく食べられて、忙しいって言えることほどありがたいこと
は、ないです。

だからこそ、一日一日を、感謝して大切に生きてr行けたらと、思います・・・。
今日の、今の時間は二度と帰って来ませんものね。
e0201009_22462658.jpg


車椅子は病院を、移動するときだけ使います。普段は杖をついたりつかなかったり…頑張っているんです066.gif

e0201009_22523461.jpg


前向きで頑張って
e0201009_22545291.jpg
ほしいです。人生の時間、こんな花に囲まれた楽しい時間だったらいいですね~***
# by kamakura0608 | 2011-02-02 22:58 | 介護 | Comments(0)

ハートの器で・・・

教室の整理で、あれこれ今までの器が出てきましたが、以前茶色のプリザのバラなどを
使い、コサージュにしてアレンジした器の新品がありました。

今日の雪で、どこにも外出しなかったため、バレンタインの作品を作りました。
2月の教室で皆さんに作っていただく作品にはならないと思いますが、今日の作品はいかにも
バレンタインって感じ060.gifですよね
少ない花材でできましたよ!
e0201009_19555078.jpg


ストラップ053.gifをのせてみました
e0201009_1957683.jpg


ストラップもおしゃれしました。
e0201009_2043741.jpg


ディスプレイするとしたら、こんな感じに・・・053.gif
# by kamakura0608 | 2011-01-30 20:06 | | Comments(0)

今朝もお弁当作り

今朝のお弁当…金曜日で今週最終日です。
連続毎日作ると良く頑張ったねと、自分をほめたい(?)気持ちになる時もありますね・・・。
たった1個で、何言ってるのと言われるかもしれませんが…(笑)。。。中には3個も4個も作られる方
が、ありますよねすごいですよね~。

**尊敬しちゃいますね**頑張っているお母さんの姿を見ているお子さんは、コマーシャル
のフレーズではないですが、昼食を食べる時お弁当箱の中にお母さんがいると感じるんでしょうね。

そして、夫も妻の存在を感じる事でしょうね~~いったい何を感じるのでしょう/
e0201009_2154074.jpg
e0201009_21541079.jpg
e0201009_21541921.jpg


美味しいと思って食べればおいしいいい058.gif
# by kamakura0608 | 2011-01-28 21:59 | Comments(0)

介護

主人の父は84歳、最近は身体ガ段々弱くなってきて元気があまりないです。
昨夜は夜中に部屋の灯りが点いていたので、変だなぁと、思っていたら
今朝になって、排尿がうまくいかないと言い、病院で診ていただきました。

そして、尿を溜めておく袋(何ていうのか専門用語がわかりません)を、装着され
家で安静にしていたのですが、午後と、夜にその袋に溜まった尿を、入れ物に空けてトイレ
に捨てました。。私がする事を見ていた父が、「すまんなぁ」と一言言いました・・・007.gif

私は、それを聞いて胸が一杯になり、「いいよ、おしっこは少しも汚くないんやよ」と言いましたが
元気な頃は、大きな声で叱りつけられたこともたくさんあり、あの元気はどこへいってしまったんだろう
と,歳をとっていく淋しさと悲しさを、そして切なさをつくづく感じました・・・。

84歳の父が、一日一日を同じように生きていくという事は私達が、想像する以上に、大変なこと
なのではないかということも、もっとわかってあげなくては・・・と。。

父を通して人間の悲哀を感じる中で、私は実家の母が、たった一人で、家族がいるにもかかわらず
お風呂で亡くなってしまった事、姉妹のだれも最後を見届けて上げられなかった事を、本当に悔いて
います。

だからこそ、父をちゃんと見てあげたいと思っています…命ある限り・・・。


昨日の雪でなんだか、制作したリースが淡い色になってしまいました。(笑)

e0201009_23275766.jpg

# by kamakura0608 | 2011-01-27 23:26 | house | Comments(2)